ブログへ戻る

外資系化粧品メーカーへの転職|業務内容・必要なスキル・転職方法などを解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

4ヶ月 前

日本への外資系企業の進出が増えている今、外資系企業への転職を考える人が増えています。
中でも人気なのが化粧品メーカーです。こちらの記事では、外資系化粧品メーカーの特徴・業務内容、働くメリット・デメリット、転職に必要なスキル、向いている人、転職方法などを紹介します。外資系化粧品メーカーに転職を希望される際には、ぜひ役立てて下さい。

 

■外資系化粧品メーカーとは?

外資系化粧品メーカーは、百貨店や専門店を中心に、主に高価格帯の商品を多く販売しています。以下で、業務内容・特徴などについて詳しく説明します。

 

外資系化粧品メーカーの業務内容

外資系化粧品メーカーの主な業務内容を4つ紹介します。

 

☑商品開発(研究)

日本での販路拡大を図る前には、必ず日本のユーザーの肌に合う商品開発を行います。また、日本で禁止される成分の配合がないかも確認しています。

 

☑商品企画(マーケティング)

商品のコンセプトやターゲットを決め、ユーザーが手に取りたくなるようなデザインを考案するなど、より売れるための商品の企画を行います。

 

☑営業

営業により、販路拡大を行います。販売される店舗が限られていることも多いため、重要な業務です。

 

☑販売スタッフ(ビューティーアドバイザー)

店頭で商品を販売します。商品の使い方のアドバイスや、肌の悩みについてカウンセリングを行い、売り上げにつなげる重要な役割を担います。

 

外資系化粧品メーカーの特徴

外資系化粧品メーカーの特徴を3つ紹介します。

 

☑自社ブランドを守る意識が高い

自社ブランドを守る意識が高く、ブランド価値を下げないためにマーケティングに力を入れる企業が多いのが特徴です。

 

☑ビジネス形態の多様性

日本に販売拠点を置き、日本にあう商品の開発・販売を行う企業、本国を拠点としながらも、日本にあった商品の開発・販売を行う企業、本国で開発した商品を輸入製品として日本で販売する企業など、多様な形態でビジネス展開をしています。

 

☑百貨店中心の販売戦略

百貨店中心に販売することで、ブランド価値を高めています。百貨店の商品は高額ですが、良質な商品であるというイメージがあります。けれども、最近は、百貨店業界の売上不振の影響で、ECサイトでの販売を検討する企業も出始めています。

 

外資系化粧品メーカーの代表企業

日本に進出している主な外資系化粧品メーカーを6つ紹介します。

 

☑ロレアル(フランス)

ヘアケア商品が有名です。フランスを本拠地とし全世界であらゆる事業を展開しています。長期雇用をする企業としても有名で、ブランド・人材共にじっくりと育てることを大切にしています。

 

☑ユニリーバ(イギリス・オランダ)

ラックスやダヴなど、スキンケアやヘアケア商品が有名です。オランダ・イギリスを本拠地とし、食品や洗剤なども含めた生活必需品を取り扱っています。販売する国・地域性を考慮した多様性のある製品作りを目指しています。

 

☑プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(アメリカ)

ジョイ、ファブリーズ、SKⅡなど、洗剤・化粧品など幅広い商品が販売されています。本拠地はアメリカで、世界でも社員の能力が優れている企業として評価されています。女性が働きやすい職場としても知られています。

 

☑エスティ・ローダー(アメリカ)

基礎化粧品をはじめ、海外ブランドコスメのクリニークやMACなどを販売しています。本拠地はアメリカで、女性社員の比率が高いことも特徴です。

 

☑コルゲート・パルモリーブ(アメリカ)

実用性の高い洗剤やせっけん・歯磨き粉などを販売しています。本拠地はアメリカで、女性を含め、長期的に務める人も多くいます。

 

☑ジョンソン・エンド・ジョンソン(アメリカ)

ベビー用品から医療品まで幅広く販売、日本でも多くのファンを持つ企業です。アメリカを本拠地としています。人材育成・研修などの環境が整っています。

 

■外資系化粧品メーカーで働くメリット

外資系化粧品メーカーで働く上では、様々なメリットがあります。日本企業と比較しながら説明します。

 

| 給料が高い

外資系化粧品メーカーは、日本の企業よりは給料が高めに設定されることが多いです。文化や言葉の違う日本で成功するために、他社よりも優秀な人材を得るためです。給料が高い分、その成果も求められます。

 

| キャリアアップできる

外資系化粧品メーカーでは、様々なチャレンジや成果をだすことが求められます。これらの経験があることは、次の転職にも有利に働き、異業種でもキャリアアップし続けられることにつながります。

 

| 独自のマーケティングが学べる

外資系化粧品メーカーならではのマーケティングが学べます。特に自社ブランドを高めるための意識や、ファンを引き付けて離さない独自の方法を体感することで、自然に企業のマーケティングを学ぶ機会に恵まれます。これは、上述のキャリアアップのために重要な点です。

 

■外資系化粧品メーカーで働くデメリット

外資系化粧品メーカーで働く際に注意しておきたいデメリットを日本企業と比較しながら説明します。

 

| 高い売り上げ意識が求められる

海外とは環境も文化も異なる場所でブランドイメージを崩さずに販売するために、高い売り上げ意識が求められます。販売員や営業だけでなく、すべての部署で常に成果が求められます。

 

| 求められる責任範囲が広い

人気がある外資系化粧品メーカーだからこそ、やりがいもあり責任も重くなってきます。日本での販路拡大に向けた売上を強く意識した仕事が多いです。ブランドイメージを崩すような行動や言動、情報の発信などにも責任をもって対応する必要があります。

 

■外資系化粧品メーカーはこんな人におすすめ

外資系化粧品メーカーでは、次のような適性をもつ人が求められます。

 

☑リーダーシップのある人

日本において販路を拡大するための方法をより具体的にし、多くの人を支え導くリーダーシップのある人が求められます。外資系では化粧品メーカーに限らず、自分の意見を伝えることが非常に重要です。

 

☑成果を出す自信のある人

成果を出すためのノウハウや、経験なども重視されるため、成果を上げる自信のある人には適性があります。自社商品を売るためにどんな方法があるのか、ターゲットが求めていることは何かを的確につかんで、売り上げにつなげることが非常に重要です。

 

☑肉体的・精神的に強い人

肉体的にも精神的に強く、どんなときでも目標を見失わない方に向いています。接客での立ち仕事や女性が多い職場ならではの人間関係などにも柔軟に対応する必要があります。

 

■外資系化粧品メーカーに転職するには

外資系化粧品メーカーへの転職を検討している方は、転職するために知っておく必要のあるポイントを紹介します。

 

| 日本における転職市場の現状

日本は、世界第2位の大きな化粧品マーケットです。多くの外資系化粧品メーカーにおいては、重要な市場であると認識されているため、求人は安定していることが多いです。女性の多い職場である上に、結婚や出産などで欠員が出ることも多く、常に一定の採用枠があります。

 

しかし販売員などは、正社員ではないケースも多いため、転職は正社員の募集かどうかを見極めることも大切です。また現在はECマネージャーやIT系の職種の需要も増加していますので、メーカーでの勤務以外のスキルが生かせるケースも増えています。

 

| 求められるスキル

外資系化粧品メーカーでは、最低限のビジネス英語力が必要とされます。また、美意識の高い顧客を相手にするため、美容に関する専門知識が備わっていないといけません。接客でも営業でも、多くのコミュニケーションの場がある仕事ですので、どんな人とも気持ちよく接する能力が求められるでしょう。

 

■外資系化粧品メーカーへの転職にはエージェントの利用がおすすめ

外資系化粧品メーカーの正社員募集は多くの募集が見込まれる場合が多く、海外の企業でも応募者を絞り込むまでのプロセスに膨大な手間をかけます。そのため、外資系に強い転職エージェントへ依頼し、多くの登録者の中からスキルを兼ね備えた人を非公開で求人する企業も多いです。

エンワールドは、グローバル企業においてスペシャリストに特化した求人も取り扱っています。オフィスを構える6か国の求人情報のデータベースをリアルタイムで共有することで、タイムリーな情報提供をしてくれます。

 

■まとめ

外資系化粧品メーカーの求人も他の企業同様、求人のタイミングがつかみにくい傾向があります。いつ求人が出ても動けるよう、外資系企業に強いエージェントへ登録し準備を怠らないようにしていきましょう。

大手転職求人サイトエンワールドは、世界で活躍できる人材と外資系企業を結ぶプロフェッショナルが利用する転職サイトです。日系企業や外資系企業で働きたい人のキャリアアドバイスも行い、最適な転職をサポートしています。初めての外資系企業への転職も不安がないよう、長期的なキャリア構築をサポートします。

 

エンワールドのご登録はコチラ