ブログへ戻る

外資への転職|英語ができないと無理?必要な英語力の目安とは

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

3ヶ月 前

キャリアアップのために、外資系企業への転職を考えている方もいるのではないでしょうか。ただ外資系というと、どの程度の英語力が必要なのか気になりますよね。

 

この記事では、英語力の目安や英語面接のポイント、転職後に英語を使うシーンについて解説します。外資系に転職するための参考にしてください。

■外資系に転職するために必要な英語力とは

外資系企業というと英語が必要なイメージがありますが、どのくらいの英語力が必要となるのでしょうか。まずは、必要となる英語力の目安について紹介します。ぜひ自分の英語力と比較してみてください。

 

| TOEICがひとつの目安

英語力の目安となり、転職時に企業からスコアを求められることがあるのがTOEICです。転職時だけでなく、社内の昇進条件にTOEICが掲げられているケースもあります。

 

一般的に、外資系企業に転職するのであれば700点が最低ラインと考えておいたほうがいいでしょう。また、会社によっては社内コミュニケーションだけでなく、外部の企業とも英語でやりとりすることがあります。そういった場合は800点が最低ラインとなるでしょう。

 

| 英語でコミュニケーションがとれる

外資系企業となると、海外の企業と英語でやり取りをする機会が多くなります。また、上司が外国人になる可能性もありますし、海外の支店や本社などに転勤になる可能性もあります。

 

そのため、転職にあたっては英語でのコミュニケーションに困らないかどうかは大きなポイントとなります。仕事中は英語で自分の意見を述べることもあるため、決まり切った文章を話すのではなく、その場に適した実践的な対応をできることが重要だといえます。

 

■英語力が不要な外資系もある?

外資系企業で働くためには、英語力を求められることが普通です。しかし、外資系企業でありながら、英語力がそれほど必要ない場合もあります。以下で具体的に説明します。

 

| 外資系企業の日本法人

外資系企業の日本法人は、従業員のほとんどが日本人で、クライアントも日本企業という場合があります。こういった企業では、そもそも応募条件で英語に関する要項が記載されていなかったり、面接でも特に英語の話題に触れられなかったりします。英語力に自信がなくても外資系企業に転職したい場合は、選択肢の1つです。

 

| IT系の職種

プログラマーやシステムエンジニアなどIT系の職種は、英語力がなくても転職できる可能性があります。IT系の技術は日々進化しており、高いスキルを持つ人材を常に求めているからです。企業によっては、英語が話せない専門職に対して、通訳をつけることもあります。

 

■英語面接に臨む前に知っておきたい点

英語力が求められる外資系企業へ転職する場合、面接が英語で行われることがあります。そのため、英語面接を受ける際に、どういったことを聞かれるのか、どういった準備をすればいいのかを押さえておくことは非常に重要です。

 

ここでは、英語面接に臨む前に知っておきたい点について紹介します。

 

| 英語面接時に聞かれるポイントとは

英語面接で面接官から聞かれるポイントは、大きく分けると以下の2つです。

 

☑コミュニケーションが問題なくとれるか

同僚や上司、クライアントと英語でやり取りをするため、コミュニケーションがしっかりとれるかどうかは重要なポイントです。業務においては、直接のやり取りはもちろん、電話やメールなどさまざまな場面において英語によるコミュニケーションが求められます。英語を使ったコミュニケーションについて、これまでの経験を聞かれることもあるでしょう。

 

☑仕事内容を理解し必要な知識を持っているか

専門的な知識や、経験の程度をはかるための質問をされることも多いです。英語で専門用語を扱い、的確な説明ができるか、また就業後の仕事内容を理解し、対応できる人材かどうかの確認です。能力と業務内容がマッチングしているか確認する意味合いもあります。

 

| 英語面接前に準備できること

ある程度英語でのコミュニケーションがとれる人でも、面接は緊張してしまうものです。また、面接における答え方や表現に不安がある人も多いでしょう。

 

面接本番の前に準備をしておくことは非常に重要です。ここでは、英語面接の前に準備できることを紹介します。

 

☑練習して自信をつけておく

やはり練習が一番の対策です。練習した分だけスムーズに話せるようになり、自分に自信をもつこともできます。また、志望動機やこれまでの経験、これからのキャリアプランなど、ある程度想定できる質問に対する答えも考えておくとよいでしょう。

 

この際に、話す内容を一言一句覚えるようなやり方だと臨機応変に対応できなくなるため、要点を押さえて覚えるようにすることをおすすめします。

 

☑外資系転職エージェントを利用する

外資系企業に強い転職エージェントは、面接対策のサポートを行ってくれます。どういった内容の質問が多いのか、質問に対する答え方、英語での表現の仕方など、気になる点を相談できるので心強い味方になります。

 

また、その企業独自の傾向やポイントについてのアドバイスを得られることは、他にはない大きなメリットです。

 

| 英語面接の本番で注意したい点

しっかりと準備をして面接本番を迎えたとしても、想定外の方向へ面接が進むこともあります。そこで、面接の本番で注意しておきたい基本的なポイントについて紹介します。

 

☑「think」はできるだけ使わない

日本語だと自分の考えを述べる際に「〜だと思います」と言うことが少なくありません。「思う」は英語で言うと「think」が該当しますが、英語面接においてはthinkはあまり使わないようにしましょう。thinkを多用することで、話の内容や印象が薄くなるためです。

 

thinkよりも断定的な表現を用いることで、面接官の印象も変わってくるでしょう。

 

たとえば、

「私は過去の経験から◯◯の部分で貢献できると思う」

→「私は過去の経験から◯◯の部分で貢献できる自信がある」

といった具合です。

 

☑結論を先に簡潔に話す

これは英語面接に限った話ではありませんが、最初に自分の意見や結論を伝えた上で、理由などを述べるようにしましょう。長々と結論以外の部分を語られても、面接官は「だからどうなのですか?」という印象を受けてしまいます。

 

☑具体的な例をあげて話す

自分のこれまでの経験を話す際は、具体的な例を用いることで、よりリアリティのある話になります。

 

たとえば、

・どのような活動を行ったか

・どのような壁にぶつかったか

・どれくらい成果をあげられたか

・どのような結果を残すことができたか

といった点です。

 

この際に具体的な数値を用いることで、より面接官がイメージしやすくなります。

 

■転職後、どのような場面で英語を活用するのか

面接を無事に突破し採用された場合、どういった場面で英語を使うことになるのでしょうか。日常的に使うことになるのは以下のような場面です。

 

・メールや資料作成
・英語での会議や交渉

 

海外の企業の担当者や、本社の人とやり取りをする主な方法はメールです。そのため、メールで英語を使用する機会は非常に多いといえます。また、外国人の前で発表するプレゼン用の資料や報告書など、英語の文書作成を行うこともあります。

 

そのほかにも、外国人の担当者と会議や商談を行う際は、必然的に英語を使うことになります。Web会議が日常的に行われているので、外国人の担当者と会議を行う機会は少なくありません。ボキャブラリーや表現力などは、入社後も勉強するようにしましょう。

 

■まとめ

外資系企業における英語力の目安と面接の際のポイントについて紹介しました。外資系企業といってもタイプはさまざまなので、英語力がなくても転職できる可能性は十分あります。もちろん、高いレベルの英語力が求められ、日常的に英語を使用する企業もあります。

 

どのくらいの英語力が求められるのかを把握するためにも、利用をおすすめしたいのが転職エージェントです。あなたの志望する業界・企業で求められる英語力について、経験豊富なエージェントにアドバイスを求めることができます。

 

数あるエージェントの中でも、エンワールドは世界でもトップクラスの企業と連携しており、転職の過程から採用後まで、一人一人に合わせたサポートを行っています。外資系企業への転職やキャリアアップを考えている方はぜひご利用ください。

 

管理職から一般職まで!グローバル企業・外資系企業への転職は「エンワールド」