希少疾患 MA Manager - 製薬企業

Contact: Yuichi Matsuda
Reference: JO-2103-457287
about Yuichi Matsuda

※Applicants must have permission to work in Japan and required fluent ~ native level Japanese.

[事業内容・会社の特徴]
外資系製薬企業

[仕事内容]
希少疾病領域メディカルアフェアーズ部は、希少疾病領域におけるアンメットメディカルニーズを正しく理解し、患者さんに、適切な診断と適切な治療を届けるために、メディカルプランの策定、エビデンス構築及び論文化、国内外のKey opinion leader (KOL)との科学的交流を通じた信頼関係の構築等、医学的専門性を元に、幅広い活動を行っています。

今回、希少疾病領域のチームは、市販後の育薬に携わっていただく、Office Medicalを募集します。サイエンスのバックグラウンド・資格を持ち、グローバル関係部署とも連携しつつ、優れたコミュニケーション能力、医学的リーダーシップを発揮できる方を募集します。

■KOLとの信頼構築
メディカルアフェアーズ(MA)担当者として、国内外の medical KOLと良好で信頼性の高い関係を構築し、Scientific exchange、アドバイザリーボードの企画・実施等を通じて、日本国内外の診断・治療実態やギャップの把握、医療現場におけるUnmet medical needsの同定等を行う。

■Tafamidisの短期・長期的な医学的価値の最大化
Data generation, publication/presentation, KOL engagement, などを通じて、臨床現場におけるtafamidisの短期的、長期的医学的価値を最大化するためのMedical plan, Life Cycle Management (LCM) planを策定する。

■日本のMedical plan, LCM plan とGlobalの製品戦略とのAlignment
日本の製品担当者として、Global teamと緊密に連携し、日本の実地臨床に関する情報のInput, global strategy に対する日本からのfeedbackを行うとともに、Globalのメディカル戦略を正しく理解した上で、日本の医療実態に即した形でメディカル戦略に適切に反映する。

■社内関係部署との協業
MAの一員としてフィールドメディカル(MSR)と協力しながら、主に米国、欧州、APACのRD MA並びに、IM MA、社内関連部署(開発・安全性・PMS・H&V・MGM・MK・MI他)との良好な関係を構築し、Cross-functional collaborationに積極的かつ重要な役割を果たす。

■資材・スライドレビュー、medical materialの作成、社内教育

担当領域や製品に関する最新の情報をKOLへ伝えるため、MA社員が使用するproactive/reactive use のmedical materialsを作成、また、他部署が作成した資材等に対するレビューを行う。必要に応じ、社内の他部署の関係者へアミロイドーシス領域に関する医学教育を行う。

[応募資格]

  • 研究関連、メディカル関連業務または臨床開発の経験2年以上ある事。
  • MD、PhD、あるいは、理系修士/薬剤師または同等以上の資格保有者。
  • 医学、薬学分野での研究経験、実績(学会発表、論文)があることが望ましい。
  • 疾患領域に関する医学的基礎知識を有する事が望ましいが、自己学習による短期間での知識の習得が見込める場合もこれに準ずる。
  • 科学的思考・判断能力に優れていること。
  • コミュニケーション能力に優れ、医療担当者と科学的知識に基づいた対等なディスカッションができること。
  • Project management能力を備えていること。
  • 英語力:英語の科学論文を読みこなす能力、GlobalのMedical 担当者との英文メールのやり取り、英語でのProtocol・報告書などの作成能力、GlobalのMedical 担当者との電話会議実施 などの能力を有する者。 TOEIC 730点以上。

[雇用形態]
正社員

[勤務地]
東京都

[給与]
1100万〜1300万円
※能力・経験を考慮し当社規定により決定します。


※ご興味をおもちいただけましたら、まずはエントリーをお願いいたします。
ご紹介できる場合は、5営業日以内に担当コンサルタントよりご連絡いたします。
詳細はその際に別途明示いたします。