Back to blogs

enPowerian Spotlight #12 Noriko Monzawa, Center of Excellence & Implementation Manager

Posted by en world Japan

about 1 year ago

 

Today, I would like you to meet one of the most essential members of enPower, Noriko Monzawa. She decided to proceed her career from being in Talent Acquisition at a foreign pharma company to Implementation manager at enPower. Let’s find out more about her!


1. 自己紹介 / Tell me about yourself, Noriko-san.


前職はメガファーマで採用人事でしたが、基本はプロジェクトマネジャーです。今はRPOでビジネスサポートのマネジャーと、新規案件立上担当マネジャーを兼務しています。これは新規の案件が始まる時に、営業担当とPMと一緒にクライアントから具体的にどんな要望を持っているのかを聞いて、ご希望にできるだけ添えるように業務の割振りやプロセスの整理するRPOのコンサルタントのような役割ですね。そこからenPowerの採用プロジェクトチームに実際の業務についてはバトンタッチをしていくイメージです。通常はビジネスサポートの統括をしながらも、PMOとして全体に関わる仕組み作りを進めています。

My previous job was internal TA in a mega pharma company - but my background is Project Manager. Currently what I am doing is Business Support Manager for RPO, as well as Implementation Manager. As Implementation Manager, I would join client meetings with our Business Development and Project Manager, and my role there is to articulate what clients expect from us. It is almost like a RPO consultant to design a solution for the client. Then I would hand over the project to our team. My other responsibility is to ensure that project teams and PMs receive appropriate business support. Also, as PMO I work on organization wide process and guidelines.


2. enPowerに入社したきっかけは / What attracted you to join enPower?


以前弊社のクライアントとして、enPowerオンサイトのチームと一緒に採用業務に関わっていました。RPOビジネスに興味を持ったというよりはenPowerという組織そのものや、人に魅かれたと言った方が正しいかもしれません。前職で続けるかどうするかの岐路に立った時に、以前にSamからenPowerでインプリメンテーションをやってみないかと誘われていたので、新しい挑戦ができそうな機会だと思って転職を決めました。すでに確立している組織にはあまり興味がないので、スタートアップの組織に入り、立上げでゼロから作り上げていくのが挑戦でもあるし、やりがいのある面白い仕事だと思ったのです。

Actually I was on the client side when enPower came on board. Working closely with the team, I was interested in their organization and people of enPower. Therefore when I was thinking of changing a job, I knocked the door to enPower because previously Sam (our Head) asked me if I was interested in doing Implementation. I always liked working in the start-up environment where there were new challenges and eagerness to make things better, and enPower provided such an opportunity for me.


3. enPower入社後に経験できたこと / What are some experiences that you didn’t expect to gain?


組織としてはスタートアップだから色々と作っていかないといけないと聞いてはいましたが、入ってみて、本当に何もなくて驚きました(苦笑)。組織が成長していくための土台を作れということだったので、まずはRPO独自の能力評価や個人業績評価の仕組み等のデザインから始めましたが、未経験の分野もあり試行錯誤でした。その時に本当に助けられたのは周りの協力ですね。案を出せば意見を言ってもらえる、感想を聞けば反対意見であっても聞かせてくれる。時々は耳に痛いくらいの正直な意見も出されますが、全員が組織を良くしていきたいとこだわりを持っているからこそ出てくる言葉なので、ありがたく受け止めています。昨年コンピテンシーをまとめたのですがその一つに「Always Authentic」があり、これには「真摯であれ」という和訳を選びました。各自が自分の良さを活かして活躍するために自由にものを言い合える環境にすること、そして自分の行動には責任を持つこと。すばらしい仲間達なので大事にしていきたいものの、慣れあっているだけでは成長がありません。実践していくのが難しいからこそ、一番大切にしたいことです。


At the interview, Sam told me that there were many things yet to build for the future, but I did not realize the extent of "many" until I joined - he was not exaggerating… there was not much when I started! So the first priority for me was to build structure for the organization to grow, and I started with the RPO specific skill assessment tool and our performance evaluation system. It was a very difficult task since I have never build one before, but I had a lot of help from other managers. They are always cooperative and ready to give me their feedback, even if their opinion is sometimes different from mine, which I am very grateful. They voice their opinion because they also care about the organization and the result. In our RPO Principles, one is "Always Authentic", meaning that everyone can be themselves, communicate openly and do what they are good at, and be accountable for their own action. Our team is open and friendly, but if we care too much on the friendly atmosphere only, there would no innovation. It is not easy, but this is I feel our core culture we have to develop for our future growth.


4. enPowerの魅力について / what is great about enPower?


例えば、朝に「今日はこれをやるぞ!」と楽しみになったり、大変な事もチームと一緒だから乗り越えられると思えたり、失敗してもチームで笑い飛ばしながら次に成功させるために議論や工夫を重ねたり、そんな風に思える職場環境がどれだけあるかと言えば、そんなに世の中に多くはないのではないかと、自分の経験から思うわけです。enPowerはそれができる職場なので、成果主義で厳しい部分はあるものの、挑戦はいくらでもできるし、毎日が「面白い」で満載です。ここから成長しても、スタートアップのチャレンジ精神のDNAを文化として持ち続けていくと思いますので、誰であってもチャンスがあれば挑戦していける、そんな組織にしていければいいなと思っています。

あとは人を大事にする企業文化でしょうか。働く親の立場としてやはり子育てと仕事の両立は難しいですが、それを理解した上で受け入れてくれる環境であるのがとてもありがたいです。家庭を大事にしながらでも仕事もあきらめなくていいので、これ以上ないくらいに恵まれた環境にいるなと日々実感しています。


In my experience, it is not easy to find an environment where you can feel an essential part of the team who would help you out through any difficulties. enPower has this, collaborative working culture where you can be proud of what you do and have fun together with the team. It is hardworking and might not be for everyone, but I love this start-up culture where there is always challenges and development opportunities for everyone. Also, what I appreciate is the people caring part. As a working parent, it is not easy for me to work fulltime and to look after my family, but our team simply accepts this and try to accommodate my situation. I can still develop my career while looking after my children, which I appreciate very much.


“息子2人とともに”  “ with my sons”