ブログへ戻る

中間管理職が抱えるストレスの要因は?対処法やストレスケアの方法を解説

Posted by en world Japan

2年以上前

​中間管理職は、自身が管轄する領域の責任を果たしながら、上司と部下をつなぐ役割として、双方話を聞き取り調整を行ったり、業務量が多くなりがちなため、体力や精神力を消耗することもあるでしょう。そのため、中間管理職として働いている方の中には、大きなストレスを感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では中間管理職の方が日々感じているであろうストレスの要因や、そういったストレスへの対処法を紹介します。ストレスを上手にコントロールして気持ちよく働くため、ぜひ参考にしてください。

■中間管理職とは

​中間管理職とは、部下を持つ管理職でありながら、自身にも上司がいる立場の人を指します。一般的に、部長・課長・係長・主任などが中間管理職にあたり、「ミドルマネジメント」とも呼ばれています。

​中間管理職の役割は、経営陣の方針・戦略を現場に伝え、部下を育成、教育、マネジメントしながら、その実行推進を担うことです。また、現場からの意見を上司に提言するのも、中間管理職の役割といえるでしょう。

外資系に特化した人材紹介会社だからこそ理想とする働き方ができる転職先を見つけることができます。転職をお考えの方は、まずはエンワールドに今のお悩みを相談してみませんか?


■中間管理職によくあるストレスの要因は?

​ここでは、中間管理職の方がどのようなストレスを抱えがちか紹介していきます。

|経営目標への責任

​仕事の進捗を管理し、担当領域において成果を出すことは、中間管理職の大切な業務のひとつです。そのため、経営者や上層部から任された経営目標が達成できないことが予想される場合、すぐに状況を把握してプランの見直しなど、打開策を見出す必要があります。

進捗状況が芳しくないとなかなか気が休まらないこともあるのではないでしょうか。

|部下の育成

​中間管理職は、マネジメントを通じて部下を育成していく立場にあります。しかし、スキルや経験、特性、性格など、仕事への取り組み方は個々によって異なることも多く、思うようなペースで育成が進まないケースもあります。また、仕事に対して消極的だったり、こちらの意図どおり動いてくれないこともあったり、こうしたことがストレスにつながる場合もあるようです。

|外部に対しての責任

​前述のとおり、中間管理職は担当領域の責任者でもあります。そのため、外部事業者との協業プロジェクトなどにおいて、何か問題が生じた際には、担当領域責任者である自分が出ていくようなケースも発生します。特に担当者レベルを超えて、中間管理職が表立って動く必要があるケースは、社内外に与える影響が大きく発展してしまったケースの立て直しや収集といった心身ともに労力を要する場合が多く、これらもストレスを誘発する要因のひとつになっているようです。

|部下のメンタルケア

​中間管理職は、部下にとって直属の上司であることも多く、自分より上の役職の方よりも相談しやすい立場にありがちです。そのため、業務に関することだけでなく、人間関係やプライベートの悩みなど、さまざまな相談を受けることもあり、これらがストレスにつながるケースもあるようです。

|上司と部下、双方の意見を汲み取る必要性

​文字通り、上司と部下の「中間」にいる中間管理職は双方の意見を汲み取り、対応をしていかなければなりません。経営目標数値といった経営者や上層部からの期待に応えなければならない一方で、現場で実際に動いている部下から不満が出れば、その対応もしなければならないことからストレスを感じることもあるでしょう。

|労働時間の増加

​職場によっても異なるりますが、中間管理職になったことで仕事量が増え、勤務時間が増えることも少なくないようで、プライベートの時間が減ってしまう可能性もあるでしょう。

外資系に特化した人材紹介会社だからこそ理想とする働き方ができる転職先を見つけることができます。転職をお考えの方は、まずはエンワールドに今のお悩みを相談してみませんか?


■中間管理職が持つストレス要因への対処法とは?

​それでは、前述のようなストレス要因に対処するためには、どうすればよいのでしょうか。ここでは、その対処法を紹介します。

☑ リーダーシップが求められていることを認識する

​繰り返しになりますが、中間管理職は部署やチームに課せられた経営目標を達成するための舵取りが求められます。そのため、チームメンバーを動機付けし、目標に向かって導いていけるリーダーシップ力が必要といえるでしょう。

成果を上げるために、どのようにチームワークを高めていけるかが重要であることを認識し、周囲に働きかけていくことが大切となってくるでしょう。

☑ 部下を信頼し、適切に仕事を振る

​そのためには、全てを自分が行うのではなく、時には部下を信頼して適切に仕事を振れるかどうかも大切となってくるでしょう。きちんと動機付けしながら任せることができれば、部下の成長やモチベーションアップにもつながり、チーム全体のパフォーマンスが上がる可能性もあります。

​また、中間管理職になると仕事の内容が変ることも多々ありますし、仕事量が以前より増えてくる可能性もあります。よって、これまでの自身の仕事の仕方の見直しとチーム間での配分などを考えることも効果的でしょう。

☑ コミュニケーションを活発にする

​組織の中で、配下のチームが有効に機能するためには、上司や部下、そして関係各所との活発なコミュニケーションが効果的であるとされています。小まめに接点を作ることで、ミスやトラブルの発生を未然に防いだり、チームの士気を上げたり、お互いの状況を把握し合うことで良いチームワークを築くことができるでしょう。

​また、部下を育成する上で大切なのは、ひとりひとりと密なコミュニケーションを通じて彼らの個性を理解した上で、個々に合わせた指導を行うことであるといえるのではないでしょうか。

​個々の能力が高まれば、チーム全体の能力も上がります。このことが、結果として難しい経営目標でも達成できるチームを作り、自身の業務効率も高めていける対処法のひとつとなるでしょう。

外資系に特化した人材紹介会社だからこそ理想とする働き方ができる転職先を見つけることができます。転職をお考えの方は、まずはエンワールドに今のお悩みを相談してみませんか?


■中間管理職のためのストレスケア

​ここでは、これまで挙げてきたストレスをケアする方法について解説していきます。

|「完璧でなくてもいい」ということを認識する

​中間管理職は、上司や部下、顧客などさまざまな方面からの期待を受けることになるでしょう。そのため、責任感の強い方は全ての期待に応えようとして、大きなストレスを抱えてしまう傾向にあります。

しかし、すべての要求に対して完璧に応えることは難しい事もあります。そのことを認識した上で、何を最も優先すべきか判断し、優先順位に沿って対応していくことを心がけるとよいでしょう。

|一人で抱え込まず、時には周囲の助けを借りる

​「部下に任せるのが不安だ」「自分がやったほうが早い」と考えて、何でも一人でやってしまう方もいるでしょう。しかし、そのことで部下が成長する機会を知らずに奪っている可能性もあります。

​また、役職が上がると、これまで同僚だった相手が部下になったり、上司からの期待に応えたいという気持ちがより強まったりすることで、周囲に相談できる人が少なくなったと感じる人もいるようです。

​前述のとおり、完璧な人はいないので、苦しくなったら一人ですべてを抱え込まずに、周囲の力を借りることを心がければストレスも自ずと減っていくでしょう。

|「人と自分は違う」ということを理解する

​「どうして、部下は指導したとおりにできないのだろう」と、相手が自分の価値観や常識とは異なる行動をとることににストレスを感じることもあるでしょう。

​しかし、誰もが自分なりの価値観や常識を持っているものです。「人と自分は違う」ということを改めて理解することで、気持ちも少し楽になるでしょう。

外資系に特化した人材紹介会社だからこそ理想とする働き方ができる転職先を見つけることができます。転職をお考えの方は、まずはエンワールドに今のお悩みを相談してみませんか?


■まとめ

​中間管理職は、上司と部下の板挟みになりやすく、ストレスを抱える方も多いようです。しかし、働く会社によっても環境は大きく異なる場合があります。ストレスを抱えて悩んでいる方は、悩みすぎず、環境を変えることを検討することもひとつの方法ではないでしょうか。

中間管理職の方の転職には、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントでは、求職者ひとりひとりにマッチする企業を探してくれるほか、プロのキャリアアドバイザーに相談もできるので、転職に不安を抱える方でも安心して転職活動ができるでしょう。

エンワールドは、外資系企業やグローバル企業の求人案件も数多く保有している転職エージェントで、一人ひとりに合わせたサポートを行っています。中間管理職で転職を検討中の方は、お気軽に無料相談へご応募ください。

エンワールドの無料素面談へのご応募はこちらから