ブログへ戻る

オンライン新入社員研修を実施しました!

Posted by en world Japan

6ヶ月前

 
現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の状況下、全社員リモートワーク中のエンワールド・ジャパンでは、4月に入社した新入社員に向けて、初めて100%オンラインでの導入研修を実施しました。
 
これまで対面で行ってきた導入研修を、短期間でオンラインでの実施に切り替えることは、運営する私たちにとってもチャレンジであり、いくつかの課題がありました。しかし、研修に参加した新入社員のサポートもあり、とても良いオンライントレーニングを実施することができたと実感しています。
 
そこで、私たちがオンライントレーニングを実施して学んだ、運営におけるtips(こつ)についてご紹介させていただきたいと思います。オンライントレーニングを実施されている企業様、運営に課題に感じている研修担当者様などのお役に立てれば幸いです。
 
 
1. 参加者に発言を促す
難しい場合もありますが、特に新入社員のような初めて顔を合わせるメンバーにとって、双方向のコミュニケーションを行うことはエンゲージメント(学習意欲向上、モチベーション維持など)を高める上で非常に重要です。
 
2. 毎回必ず、全員のカメラをONにする
カメラを通してお互いの顔を見ることで、離れていても親近感を感じることができます。
 
3. 適度に休憩する
オンライントレーニングは、対面で行うよりも、ファシリテーターと受講者の双方にとって疲れるものです。長時間のトレーニングでは休憩の頻度を増やしましょう。
 
4. クリエイティブな時間を設ける
エンワールドでは対面のトレーニングでも導入していますが、研修内容とは関係のない短いゲームをして、チームワークを構築しています。セッションの合間のリフレッシュとしても効果的です。
 
5. リーダー層を巻き込む
このような不安な時期にリーダーシップチームの声を聞くことは、新入社員の安心につながるためとても大切です。経営層やマネジメント層など、社内のリーダーから、カメラを通してメッセージをもらうことをお勧めします。
 
 
今回初めて行った新入社員のオンライントレーニングは、私たち全員にとって今までとは違った新しいもので、いくつかの課題を感じることもありましたが、全員がこの経験から学び、成長することができたことを嬉しく思っています。
 
エンワールド・ジャパン
L&Dチーム
 
 
~エンワールド・ジャパンについて~
1999年に創業した、アジア太平洋地域5ヵ国に拠点のある、グローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社です。外資系企業・日系グローバル企業の、ミドル~ハイクラスのポジションの採用支援を専門としています。正社員、プロフェッショナル人材派遣、エグゼクティブ人材紹介、採用代行サービス(RPO)を通し、あらゆる方面から人材採用や転職に関する支援を行っています。
 
中途採用転職をお考えの方は、お気軽にご相談ください。