ブログへ戻る

中途採用トレンドと採用成功の秘訣【銀行・金融サービス​】2021

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

2ヶ月 前

外資系金融企業は採用凍結や採用数低下が目立った一方、​日系金融企業は堅調​

2020年前半、外資系証券会社や外資系銀行は、新型コロナウイルスによる先行きの不透明さからビジネスに厳しいインパクトを受けました。
その影響で、採用人数は通常時の50%以上に低下、ヘッドカウントが減少、採用フリーズも頻繁に発生しました。

一方で、日系の金融企業では外資系の金融企業と明確な違いが見られました。
オンライン決済やキャッシュレス決済などを事業の軸としているフィンテック企業にとっては新型コロナウイルスの影響が追い風となり、採用活動に積極的に取り組んでいます。

また、国内の金融機関がM&Aなどのビジネスにおいて好景気を見ており、採用人数を増やすなど積極的な採用を行っていることから、外資系金融企業の経験者が日経金融企業への転職を考えるなどの傾向も出てきています。
転職希望者の転職意欲は、全体としては去年より低い傾向にあり、様子を見つつ来年検討するという動きが多く見られた一年でした。​


人材採用と育成の一年に​

2021年は金融業界にとって、改めて人材採用と育成に投資をしていく一年になるのではないかと考えています。
予定していた採用枠を2020年に埋められなかった企業も多いため、2021年に向けて、金融業界全体の採用は上向くと予測しています。

転職希望者の傾向としては、新しいアイディアや創造性が鍛えられるポジションへの応募を希望される方が増えています。
新型コロナウイルスの影響で、自分で何かをしたい、変えたいという意欲が高まり、タスクが完全に決められていない仕事にチャレンジすることに魅力感じている転職希望者が、以前と比べ増えています。​


デジタル、オンライン化の経験者の需要増​

デジタル、オンラインへのビジネス移行が必須となっている中、デジタル、​オンラインのノウハウがある転職希望者への需要は、2021年以降さらに伸びてくると考えられます。

今年の経営企画関連のポジションやIT関連職種の需要増から考えると、テクノロジーに関する知識が必要なかった職種においても、​自己研鑽として、データアナリシス(SQL、Python)、財務(USCPA、簿記)などの勉強を行い、知識を身につけていくことで、変革を促す企業の需要にマッチした人材になれるのではないかと考えています。
日本だけではなく、​世界へ広がるビジネスが求められるなか、語学を鍛え、自己を研鑽できる人財により高い需要が集まるようになるでしょう。​


採用目的の明確化を。転職希望者との接点増加がポイント​

2020年、新型コロナウイルスの影響で各社の採用の見通しが不透明になる中、確実に採用を成功させている企業には、「明確な採用目的」と「人材紹介会社とのエンゲージメントの高さ」という共通の特徴が見られました。

採用目的と時間軸の明確化、プロセスの細分化とタスクの権限移譲を行う事が、企業内における業務連携をスムーズにすると同時に、転職希望者に企業努力や採用意欲の高さが伝達するという好機を生みました。

人材紹介会社との関係の在り方に関しては、部門長や現場の方が積極的に人材紹介会社とオンラインで打ち合わせを行い、求人票だけでは分からないストーリーを伝えることで人材紹介会社での候補者のスクリーニングの精度が高まり、最終的に、応募を希望する転職希望者の熱量に違いを生む結果となりました。​

対面面接からオンライン面接への移行などもありましたが、転職希望者と積極的に繋がりを作ることで、転職希望者が少ないマーケットでも採用に成功している企業の事例が多く見られました。​


人材紹介会社との関係構築が応募者の質を左右​

採用で成功するためには、採用企業と人材紹介会社が強いパートナーシップで結ばれている事が非常に重要だと感じています。

採用企業が転職市場の情勢の理解を深めたり、マーケットに存在する人材と存在しない人材を把握したりするようになると、お互いに無駄な時間を割く必要がなくなり、時間を効率よく使えるようになります。

また、間口を広げるためにたくさんの人材紹介会社に声をかけると一社と対話できる時間が少なくなるため、結果として、紹介できる候補者の質や量が下がってしまうリスクも考えられます。​

人材紹介会社は、採用企業に数少ないパートナーとして選んでいただいたり、独占案件をいただいたりすることで、市場の転職希望者へのアプローチの質をより高めることができ、それが、優秀な転職希望者の応募意思を獲得することに繋がります。
人材紹介会社が採用企業のビジネスへの理解や現場の方々とのエンゲージを高めることで、企業が必要としている人材をより明確に理解することができるようになることは言うまでもありません。

そうすることで、よりマッチ度の高い転職希望者を紹介できるようになるなど、結果としてwin-winな関係構築ができるようになると考えています。​


求人数の推移(銀行・金融サービス)​

 



銀行・金融サービス部門​ セールスチームマネージャー​
玄間 勇介​


▼ホワイトペーパー ダウンロード

2021年新型コロナ禍で中途採用に成功する方法(日本語)

How to succeed with mid-career recruitment with COVID-19 pandemic in 2021 (English)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<内容に関するお問合せ先>
エンワールド・ジャパン株式会社 広報担当


東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
TEL:03-4578-3521
FAX:03-6214-3023
Email : enworld-pr@enworld.com