ブログへ戻る

他業種からの転職も!外資系化学メーカーの転職事情と活躍するための5つの要素

Posted by en world Japan

1年以上前

化学業界において外資系化学メーカーは非常に強く、外資系企業への転職を考えている方の中には外資系化学メーカーを転職先の候補に入れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは外資系化学メーカーの転職事情はもちろんのこと、外資系化学メーカーで活躍するためにはどのような要素が求められるのかを解説します。


■外資系化学メーカーの転職事情

化学業界は進歩のスピードが早く、まさに日進月歩で技術の進化がみられる業界です。近年の傾向としては、外資系大手化学メーカーでは特定の専門分野に優位性をもつ企業に対してのM&Aや不採算事業の売却などを積極的に行い、まんべんなく何でもカバーする総合型から特定の専門領域でのシェア拡大を狙うようになりつつあるといえます。

それだけ競争が激しくシビアな業界であるともいえますが、グローバル市場において日本の科学技術への注目度は非常に高いのが現状です。化学産業は戦後日本の高度成長期を支えた日本の基幹産業でもあります。


その日本の科学技術は世界の中でもトップクラスであり、日本の科学技術は世界の注目を集める存在です。そのため外資系化学メーカーは積極的に日本法人に投資する傾向があり、求人も一定の数量が確保されています。

化学業界未経験であっても、エンジニアや営業、マーケティング部門など他業種からの転職も可能な職種もあるといえるでしょう。

特定分野に精通したスペシャリストに関しては需要が高く、一般的な職種や職階以外にエグゼクティブの採用ニーズもあります。


また一言で化学メーカーといってもさまざまなジャンルの化学メーカーが存在し、ある特定の分野において圧倒的な強みをもつ中小規模メーカーも少なくありません。

誰もが知っているような世界的に有名なメーカーや大手メーカー以外にもそういった優位性の高い製品を扱い、独自の商品開発力や技術力をもつメーカーへの転職も、自身のキャリアアップや市場価値を高めることにつながります。

外資系化学メーカーの転職においては、個人の能力や経験、キャリアプランなどに応じて多彩な選択肢があり、他業種からの転職も可能であるといえるでしょう。

外資系化学メーカーへの転職ならエンワールド・ジャパンへ!無料面談のご応募はこちらから



■外資系企業が上位を占めるグローバルランキング

英国化学会が発行している雑誌のひとつ、週刊Chemical & Engineering Newsで発表された2018年の化学企業のグローバルトップ50によると、ランキングの上位10社は以下のとおりです。


1位 ダウデュポン(米)
2位 BASF(独)
3位 シノペック(中国)
4位 サビック(サウジアラビア)
5位 イネオス(英)
6位 フォルモッサ(台湾)
7位 エクソンモービル(米)
8位 ライオンデル(蘭)
9位 三菱ケミカル(日本)
10位 LG化学(韓)


2位のドイツのBASFはこれまで10年以上トップの座に君臨してきたドイツの名門総合化学メーカーで、150年以上の歴史を誇ります。

2018年はこの不動のトップを誇っていたBASFをダウデュポンが抜いたことが大きなトピックであったといえるでしょう。しかしダウデュポンはダウ・ケミカルとデュポンが2017年に経営統合したために誕生した企業で、この統合は事業統合・再編を目的としたものだったため、2019年にはダウデュポンはダウ、コルテバ、デュポンの3社へと分離しました。

そのためダウデュポンが首位となるのは2018年のみ、といえるでしょう。


3位のシノペックは急成長を遂げている勢いのある中国の国営企業です。4位のサビックもサウジアラビアの国営企業ですが、サウジアラビアは化学製品の原料である石油の埋蔵量、採掘量ともに世界一の産油国であるため、利益率が良く優位であるといえます。

5位にランクインしたイギリスの複合化学メーカーのイネオスは、2020年のメルセデスAMGF1チームの新トップスポンサーになったことでも話題になりました。


このランキングからわかるように、日本の科学技術のレベルは高く世界の注目度は高いとはいえ、日本の化学メーカーはほとんど上位には食い込めていないのが現状です。

グローバル市場での競争力としては、現段階では外資系化学メーカーが圧倒的に高いといわざるを得ないでしょう。

外資系化学メーカーへの転職ならエンワールド・ジャパンへ!無料面談のご応募はこちらから



■外資系化学メーカーの主な職種

ここでは、外資系化学メーカーで求人がある主な職種を紹介します。


|研究開発などの専門職

研究開発などの専門職は非常に高いレベルの知識・技術が求められるため、求人はそれほど多いわけではありませんが、外資系化学メーカーの研究開発はプロジェクトチームを組んで行われるケースがほとんどのため、転職の際にはマネジメント力やコミュニケーション能力の高さが評価されて採用されるケースもあります。


|電気・機械エンジニア

外資系化学メーカーでは商品開発にあたって生産ラインが必要なため、設備設計や機械設計、電気制御や生産設備の管理・保全を手掛ける電気系・機械系エンジニアには転職の門戸が開かれている職種であるといえます。

また、電気系・機械系のエンジニアが、技術力をもつ営業職といわれる顧客のもとに出向いて製品の修理や設置などを行なったりするフィールドサービスエンジニアとして活躍するケースもあるようです。


|営業・マーケティング

営業やマーケティングに関しては、販路拡大のため日本特有の文化に精通していること、日本市場の特徴を把握していることが重要視されます。そのため採用ニーズは非常に高く、外資系化学メーカーの中で最も転職しやすい職種であるといえるでしょう。

業界の知識や経験があれば歓迎されますが、これまでの営業成績やコミュニケーション能力によっては未経験でも転職できる可能性が高い職種です。

外資系化学メーカーへの転職ならエンワールド・ジャパンへ!無料面談のご応募はこちらから



■外資系化学メーカーで活躍するための5つの要素

外資系化学メーカーに転職して長く活躍していくためには、どのような資質やスキルが求められるのでしょうか。外資系企業では、一般的に日系企業と異なる文化があるためそれを理解し、必要とされる資質を身につけておくことが大切です。

次に挙げる5つの要素は外資系化学メーカーで働くにあたって必須といえるでしょう。


|積極性・自主性

外資系企業ではこと細かに業務上の指示が下されることはほとんどありません。自主的に自分で仕事のやり方を考えて、仕事を進めていく必要があります。指示がないと動けないタイプの人は外資系企業では「使えない、やる気がない」と判断されることになります。

もちろん必要であれば上司や先輩に助言を求めることは大切です。しかしすべてを周囲に頼りきるのではなく、あくまでも自分の力で仕事を進め、うまくいかなければ自分で考え、効率的な方法を探して成果を出す必要があります。

加えて自分で仕事を見つけたり、自分の経験値を上げるために貪欲に新しいことにチャレンジしたりする積極性も欠かせません。積極性を保ち、自主的に仕事に取り組む姿勢は外資系化学メーカーで活躍するためには欠かせないといえるでしょう。


|アピール力

積極的に仕事をしていても、その姿勢が周囲に伝わらなければ評価にはつながりません。外資系企業では日系企業のように「察する」文化はあまりないので、自分が積極性をもって仕事を進めていることを適切にアピールする能力も必要でしょう。

また外資系企業では役職や年齢などに関わらず積極的に発言し、自分の考えを伝えることが好まれます。特に会議では活発な意見交換が求められるため、はっきりと意見を述べて会議に貢献しなければなりません。日系企業にありがちな「空気を読む」「大勢に従う」といった姿勢は嫌われる傾向が強くあります。

会議で発言しない人は「不要な人材」と判断され会議に参加できなくなったり、場合によってはそのプロジェクトから外されたりするケースも皆無ではありません。

外資系企業においては、「控えめさ」や「謙遜」は評価されません。必要な場でははっきりと自分の意見を述べ、周囲に適切にアピールできる力は重要だといえます。


|柔軟性・フレキシブルさ

外資系化学メーカーに限らず、外資系企業やグローバル企業ではグローバルな視点で物事をとらえる必要があります。

有り体にいってしまえば、世界は広いです。自分がこれまで過ごしてきた環境や、そこから生まれる考え方や慣習のみを基本に物事を受け止めていればグローバル人材として外資系企業で活躍することは難しいかもしれません。

まったく異なる環境でのことを想定でき、既成概念にとらわれない柔軟さやフレキシブルさは外資系化学メーカーで働いていく上で身につけておきたい資質です。

加えて外資系企業では日系企業と比較すると意思決定のスピードが速い傾向があります。突然の方向転換なども多く、極端な場合は昨日とは逆の仕事のやり方をしなければならないケースもないとは言い切れません。

柔軟性やフレキシブルさは、そういった予想できなかった事態やトラブルがあった際にも自分の身を助けてくれることになるのではないでしょうか。


|コミュニケーション能力

外資系企業やグローバル企業では多国籍な人材が働いているため、文化やバックグラウンドが異なる同僚や上司と接する機会も多いでしょう。

価値観や宗教、生活習慣が異なり、考え方も多種多様な人材とうまく協力して業績を上げるためには、高いコミュニケーション能力が必要となります。

コミュニケーションスキルはさまざまな業種で必要とされる基本的なビジネススキルではありますが、多国籍な人材が一か所で働く外資系企業においては特に重視されるスキルだといえるでしょう。


|語学力

外資系化学メーカーで働く以上、基本的な英語スキルは必要です。社内公用語が英語である場合は英語ができないと即業務にも支障をきたします。そうでない場合にも会議やメールなどは英語であることも多いため、ある程度の英語力は身につけておくのが望ましいでしょう。

目安としてはTOEIC(Test of English for International Communication)700点程度の英語力があれば外資系企業で通用するといわれています。

しかしTOEICの点数はあくまでも目安に過ぎないため、TOEICの点数にこだわるのではなく、しっかりとコミュニケーションを取れる実践的な英語力を身につけておくことが大切です。

なお、外資系企業で中間管理職以上、マネジメントクラスへのキャリアアップを考えているのであればいずれはビジネスレベル以上の英語力が必要となります。

外資系化学メーカーへの転職ならエンワールド・ジャパンへ!無料面談のご応募はこちらから



■まとめ

外資系化学メーカーへの転職にあたって、不安を抱えているのであれば転職エージェントの手を借りてみるのもいいのではないでしょうか。

外資系企業の転職に強いエンワールド・ジャパンでは、外資系企業への転職ならではのポイントを押さえた転職活動をサポートいたします。無料面談も行っておりますので、まずはご相談ください。

外資系化学メーカーへの転職ならエンワールド・ジャパンへ!無料面談のご応募はこちらから


参考

C&EN’s Global Top 50 chemical companies of 2018