ブログへ戻る

【40代の転職】転職に有利な職種や成功するためのポイントを紹介

Posted by en world Japan

1年以上前

40代で転職を考えている方のなかには、未経験の業界や職種にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。しかし、本当に転職してよいものか、あるいは希望の職種に就けるか不安になりますよね。どうすれば転職に成功するのでしょうか。

この記事では、40代の転職事情や未経験でも転職に有利な職種、転職活動を成功させるポイントなどを解説します。ぜひ参考にしてください。

40代の転職の成功ポイントを伝授!業界職種専任のコンサルタントがあなたの理想の転職をお手伝いをいたします

40代での転職を成功させるには、事前にしっかりとした対策を練っておくことが大切です。エンワールドでは業界職種専任のコンサルタントがきめ細かくヒアリングを行い、一人ひとりに合った転職先のご紹介や転職プロセスのサポートを行っています。まずは無料面談で、何でもお悩みをお聞かせください。

■40代でも転職活動を始める理由とは?

かつては35歳が転職の限界年齢とされていましたが、近年では労働力不足を背景として40代の転職も珍しくなくなりました。40代という年齢を理由として諦める必要はなく、場合によっては転職に踏み切ったほうがよい場合もあります。

ここでは、40代でも転職活動を始めるべき理由を説明します。


|自分の市場価値を知るため

一つの企業のなかで決まった仕事だけをしていると、自分の能力やスキルが社外でも通用するかどうかを知るチャンスはなかなかありません。しかし、転職活動をすることで、自分のスキルや経歴が転職市場ではどのように評価されるのか、自分を必要としてくれる企業がどのくらいあるかを確認することができます。

自分の市場価値を把握できれば、転職活動を始めるべきか、それとも現職で実績を積むべきか判断できるでしょう。


|50代になると転職方法が異なるため

40代と50代では、求職者に求められるスキルや経歴が異なります。現在の自分の市場価値を知り、50代になる前に転職活動を始めるべきと判断したら、早めに行動を起こしましょう。

50代の転職方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

■40代でも未経験の職種に転職できる?

20代や30代の求職者と比べると難しい面はあるものの、40代でも未経験の職種に転職することは可能です。チャンスがあればチャレンジしてみる価値は十分にあります。​

■未経験の職種への転職が難しい理由とは?

ここでは、40代での未経験の職種への転職が難しい理由を紹介します。

|年収がアップしない

未経験者の場合、企業側が求職者の現在のスキルや経歴を評価した結果、給与が最低水準からスタートすることも珍しくありません。現在勤めている会社と違い、積み上げてきたものがなくなってしまうため、少なくとも一時的な年収ダウンは避けられない傾向にあります。

|企業が求める人材とマッチしない

企業が40代の人材を採用する場合、多くは管理職、即戦力としての活躍を期待します。しかし、仮に他業種でマネジメントの経験があったとしても、未経験の業種の場合は即戦力にならないと判断されてしまうことが多いです。企業側のニーズと求職者のスキルや経歴にミスマッチがあると内定に至らないため、転職が難しくなります。

■未経験でも転職が有利な職種とは?

未経験の職種に転職する場合、年齢が理由で不利になってしまう傾向は高いです。しかし、40代でも転職が有利な職種もあります。ここでは40代でも採用されやすい職種を紹介します。

|営業職

営業職は、相手のニーズを汲み取るとともに、適切な商品やサービスを分かりやすく説明したりなど高いコミュニケーション能力や、状況に応じて臨機応変に対応できる柔軟性が必要です。40代の求職者は、それまでの仕事で培ってきた対人コミュニケーション能力を活かせるため、営業職への転職はしやすいといえるでしょう。

|接客業

小売店や飲食店などでの接客業も、営業職と同様に顧客と対話し適切な商品やサービスを勧めることが多い仕事です。これまでの仕事の経験値やコミュニケーション能力が期待されるため、40代でも採用に至ることが多い職種です。さらには、接客業は慢性的に人手不足の傾向にあり、転職しやすいという事情があります。

|エンジニア(IT系)

さまざまな業界でIT化が推進しており、ITエンジニア業界は拡大を続けています。業界の成長に人材の供給が追いつかず、人手不足の状況が続いています。とくにプログラマーやデバッカー、ネットワークエンジニアなどでは未経験者でも応募可能としている求人案件も多く、40代でもチャレンジが可能です。

​■40代の転職を成功させるためのポイントとは?

20代や30代での転職と比べると比較的求人案件が少ないこともあり、40代での転職はなかなか結果に結びつきにくいケースもあります。ここでは、40代での転職を成功させるためのポイントを解説します。

|固定観念にとらわれない

40代の求職者は、これまで培ってきた社会経験やスキルが武器になる反面、過去の成功体験にとらわれて自分にできることや得意なことを固定化してしまうことがあります。
新しい会社で一からキャリアを積み上げていくことを念頭において、これまでの経歴や自分のやりたいこと、できることにとらわれず、会社にどう貢献できるかをアピールしましょう。

|経験やスキルを複数アピールする

企業によって、また立場や職務によって必要とされるスキルや能力は違ってきます。

履歴書や面接での自己アピールでは、職務上の経歴やスキルだけをアピールするのではなく、プライベートで培ってきたスキルもあわせてアピールしてみましょう。

たとえば趣味で映像の編集やプログラミングなどを長く続けていたりすると、プライベートで磨いたスキルであっても制作職やエンジニアの内定獲得につながる可能性があります。

|素直かつ謙虚になる

過去の収入や役職は、以前の会社でそれだけの実績を積み、評価されてきたという証であるため、転職の際にも自分の市場価値を測る判断材料になります。しかし、違う会社に入ればまた一からのスタートです。新人に戻ったつもりで、素直かつ謙虚な姿勢で選考に臨みましょう。

|転職は最後と考え、しっかりと転職先を吟味する

40代の転職は不可能ではありませんが、残りの勤務年数を考えるとあまり余裕がないことは事実です。また、一度入社した会社をあまりにも短期間で退職してしまうと次の転職にマイナスの影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。40代での転職は、これが最後の転職だという決意で慎重に企業を選ぶことが重要です。

|リファラル採用を受ける

40代の求職者にとって大きな武器となるのが、これまでに築いた人脈です。友人や知人から好条件の転職先を紹介してもらえるなら、活かさない手はありません。転職の意思があるなら、信頼できる知り合いに転職をしたいという希望を伝えておきましょう。よい転職先を紹介してもらえるかもしれません。

|転職エージェントを活用する

求人情報は転職市場に出回っているものが全てではありません。特に転職エージェントは、自社だけが保有する好条件の求人案件を持っていることが多いです。転職エージェントを利用することで、よりよい案件に応募でき、転職することが可能になります。

また、転職エージェントを利用すると、自分の市場価値を客観的に判断してもらい、アドバイスを受けられるというメリットもあります。

■まとめ

40代の転職は、20代や30代と比べると難しいケースも多くあります。そのため、企業が40代の求職者に求めていることや、自分が企業のニーズに応えられるかをよく考えたうえで、効果的にアプローチする必要があります。


外資系企業や日系グローバル企業ではスキルや経歴が重視されるケースが多いため、40代という年齢がマイナス要因になることはあまりありません。エンワールドは外資系や日系グローバル企業の求人案件も数多く保有しており、一人一人に合ったサポートを行っています。

40代での転職を検討されている方は、まずは無料面談にご登録ください

エンワールドへの登録はこちら