ブログへ戻る

外資系企業への就職・転職時における履歴書の書き方を徹底解説

Posted by en world Japan

1年以上前

外資系企業に就職や転職したいと考えた場合、まず気になるのは履歴書や職務経歴書をどのように書けば良いのか、という点ではないでしょうか。

 

実は、外資系企業と言っても、会社によってどんな書類が必要になるのかは変わってきます。こちらでは、それぞれのケースごとに履歴書や職務経歴書などの書き方を詳しく解説します。


 

■外資系企業に就職・転職する場合でも履歴書は必要?

 

国内企業に就職・転職する場合、応募時に必要になるのは、履歴書や職務経歴書です。中には職務経歴書が必要ないところもありますが、この二つの書類を提出することはほぼ必須だと言って良いでしょう。そして、これらの書類を提出した後には会社に出向いて面接を受けることになります。

 

しかし、外資系企業に就職・転職する場合は、国内企業に就職・転職する場合と比べて多くの異なる点があります。まず、書類選考後に電話面接がある場合もありますし、英文の履歴書が必要になる場合もあります。

 

外資系企業に提出する書類としては、次のようなパターンがあります。

 

1) 日本語の履歴書のみ

2) 日本語の履歴書と職務経歴書

3) 英文の履歴書とカバーレター

 

採用担当者が日本人である場合には、日本語の履歴書と職務経歴書だけでOKな場合もあります。しかし、採用担当者が外国人の場合や、業務上多くの外国人と接するような会社の場合には、英語の履歴書を提出することはほぼ必要条件だと言って良いでしょう。

 

英語の履歴書はレジュメ(Resume)とも呼ばれ、日本語の履歴書と職務履歴書をミックスしたような感じのものです。さらに、英文のレジュメを提出する場合には、カバーレターと呼ばれる添え状を添えることが一般的となっています。

 

一方、日本語の履歴書が求められる場合でも、同時に職務経歴書の提出が義務付けられていることが多いです。履歴書のみで良いという会社はあまり多くありません。というのは、外資系企業では即戦力の人材を求める傾向が強いため、その人物が過去にどんな仕事を行ってきたのか、ということを詳しく知りたいと考えるためです。


 

■外資系企業に提出する英文履歴書(レジュメ)の概要や書き方

person using laptop computer beside aloe vera


 

レジュメ(Resume)は元々フランス語で、日本語に訳すと「要約」や「概説書」という意味になります。文字通り、これまでの人生を要約したものがレジュメであるわけです。

 

一般的には、レジュメには次のような項目を書きます。

 

・Birth date(誕生日)

・Languages(話せる言語)

・Nationality(国籍)

・Resides(住所)

・Mobile Phone Number(携帯電話番号)

・Home Phone Number(自宅電話番号)

・Email(Eメールアドレス)

・Mobile(携帯Eメールアドレス)    

・Education(学歴)

・Qualifications(取得資格)

・Technical Skills(技術系スキル、WORDやEXCELの基本操作ができる、など)

・Summary(概要。志望動機や自己PRなど)

・Career History(職歴。職務履歴書に近いもので、具体歴にどんな仕事をしていたのかを書く)

 

誕生日や話せる言語、国籍、住所などは詳しく解説しなくてもお分かりいただけると思います。また、電話番後やEメールアドレスなども、日本語の履歴書にも書くことが多いので問題ないでしょう。

 

ポイントとなってくるのは、学歴や取得資格、技術系スキル、Summary(概要)、Career History(職歴)といった項目です。中でもとくに注意したいのが、Summary(概要)やCareer History(職歴)という項目になります。これらの項目に書くことは、日本語の職務履歴書に書くことと似ています。

 

Summary(概要)には志望動機や自己PRなどを書きます。この部分は出来るだけ詳しく、ある程度長めに書くようにしたほうが良いでしょう。しかし、要点をまとめて分かりやすく記載するようにしてください。

 

Career History(職歴)についても同様で、日本語の職務履歴書と同じように、どんな会社で働いていたかだけでなく、どのような部署で仕事をしていたか、業務内容はどんなものだったのかまで踏み込んで書くようにしてください。なお、学歴や職歴などは新しい順番に書くことが通例です。

 

また、用紙の大きさはレターサイズまたはA4サイズで、1枚から2枚にまとめて書くようにします。


 

■外資系企業に提出する履歴書に添付するカバーレターとは?

man writing on paper

 

カバーレターは略してCVと呼ばれることもあります。これは英文の履歴書であるレジュメの表紙となるものです。レジュメを提出する際には、このカバーレターを添えることが通例となっています。

 

カバーレターに書く項目は、以下の通りです。

 

・自分の情報

・応募先の情報

・日付

・採用担当者名

・本文

・結びの言葉

・手書きの署名

 

英文の履歴書に添付するものであるため、これらはすべて英文で書きます。

 

採用担当者は、たいていの場合にはいったんカバーレターに目を通し、それからレジュメを読み始めることになります。そのため、ある意味ではレジュメよりも大切なものだと言えるでしょう。

 

雰囲気的に言えば、カバーレターは応募先への挨拶状であるとともに、レジュメを短くしたようなものだと言えます。

 

具体的な書き方ですが、自分の情報や応募先の情報には、住所と氏名、または会社名を書きます。

 

日付についてはカバーレターを書いた日付を書くようにしてください。また、採用担当者名は名前の前に"Dear"や"Sir"、"Madame"といった言葉を入れます。

 

肝心となる本文の書き方ですが、ここにはまず応募したい求人について記載し、次に自己PRを書きます。自己PRとしては、その会社に入った時、自分がどんなことが出来そうかを具体的に書くと良いでしょう。職歴やスキルはレジュメのほうに詳しく書くことになるので、なるべく簡潔に要点をまとめて書くようにしてください。そして、最後に感謝の言葉を記します。

 

結びの言葉は決まり文句となっており、"Sincerely," または "Sincerely yours,"と書きます。なお、感謝の言葉は、こちらの結びの部分に書くこともあります。

 

カバーレターもレジュメと同様に、レターサイズまたはA4サイズの紙に書くようにしてください。


 

■外資系企業に就職・転職するためには職務経歴書も必要

man wearing black blazer sitting at desk with papers

 

最初の節で説明した通り、外資系企業であっても履歴書は日本語で書いても良い場合もあります。しかし、この場合には職務経歴書も提出しなければならないことがほとんどです。

 

あるいは、履歴書の提出だけで良いと言われる場合もあるかもしれませんが、面接の際により詳しいことまで聞かれる場合もあるので、万が一に備えて職務経歴書も書いておいたほうが良いでしょう。

 

とくに外資系企業の採用担当者は、その会社の企業風土に合った人間であるかどうかを最も重要視します。さらに、外資系企業の場合部署やポジションごとに業務内容がはっきりと区分けされており、国内企業よりもより専門性が重視されます。

 

職務経歴書に書くべき事柄は、下記の3点が主なものとなります。

 

・これまで働いてきた会社名

・自分が勤務していた部署名

・自分の携わっていた業務内容

 

英文のレジュメの場合には、新しいものから古いものへと順番に書いていくのですが、日本語の職務履歴書の場合には、古いものから新しいものへと順番に書いていくことが一般的です。これは、レジュメとは大きく異なる点だと言えます。

 

職務経歴書に自己PRになるような文章を入れることは意外と難しいものです。そのため、自分が携わっていた業務内容について、出来るだけ詳しく書くようにすると良いです。その現場でどのようなスキルが必要となったのか、どんな資格を活用して働いていたのか、といったことを書くと、採用担当者のほうでも応募者のことを把握しやすくなります。


 

■外資系企業の就職・転職時の履歴書や職務経歴書に書くべきアピールポイント

woman in gray shirt sitting on bench in front of MacBook
 

履歴書や職務経歴書、レジュメに書くべきアピールポイントは様々ですが、共通しているのは自分がどんな人間であり、どのようなことが出来るのかを具体的にはっきりと説明する、という点です。

 

外資系企業が求める人材というのは、業界や業種、ポジションによって変わってくますが、いくつか共通点もあります。すなわち、実行力がある人間か、自分から情報を発信できる人間か、困難に対処できるフレキシビリティを持ち合わせているか、といった点を採用担当者は見ています。

 

外資系企業は成果主義・実力主義の世界であるとよく言われますが、会社の風土に合わない人間や実力を発揮できない人間は容赦なく淘汰されていきます。もちろん、応募時・面接時においても同じことが言えます。自分がその会社にふさわしい人間であるとアピールできること、これが履歴書や職務経歴書、レジュメなどを書く際に最も大切な点です。

 

資格やスキルを持っているのであれば、それを具体的に書くようにしましょう。TOEICで何点取った、こんな資格を持っている、という情報も大切ですが、それらの資格やスキルをどんなふうに活用してきたのかも交えて書くようにすると、採用担当者の目に留まりやすくなります。

 

その就職が初めてである場合には、学歴や資格が物を言います。外資系企業の場合、大手であればそれだけ高い学歴が必要とされますし、その人間のスキルの一貫として英語力の有無に関しても注目します。日常会話レベルの英語能力なのか、ビジネスシーンや専門用語が必要となるシーンでも十分に会話が出来る英語能力なのか、といった点は明確にしておきましょう。

 

転職者の場合には、これまでどんな業界や業種で仕事をしてきたのかが、最も大事なアピールポイントになります。また、職位に関する情報も大切です。責任者の地位を務めたことがあるか、専門的なスキルのある仕事をしてきたか、といった点が重要な判断材料になるわけです。

 

履歴書や職務経歴書、レジュメなどに書けることはそう多くはありません。より多くの事柄を簡潔に記載するように心がけましょう。また、自分がその会社のどんな点に魅力を感じているのか、といった事柄についても、入社後の自己ブランディングを踏まえてより詳しく記載するようにすると良いと思います。

 

■まとめ

A group of friends at a coffee shop

 

いかがでしたか。こちらのページでは外資系企業に就職・転職する際の履歴書の書き方について詳しく解説してきました。自分は英語が出来る、外資系企業でぜひ働いてみたいと考えた方も多いのではないでしょうか。

 

外資系やグローバル企業に転職する際には、外資系やグローバル転職に強い転職エージェントを活用するのが最も近道となります。この機会にぜひ無料面談へ登録してみてはいかがでしょうか。

 

外資系やグローバル企業、英語力を活した転職・求人エージェントならエンワールド・ジャパン

無料面談の登録はこちらから