ブログへ戻る

無期雇用派遣とは?登録派遣や正社員との違いやメリット・デメリットを知る

Posted by en world Japan

2年弱前

働き方のひとつとして「無期雇用派遣」があることを知り、詳しい内容を知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。この記事では、無期雇用派遣とはどのようなものなのか、登録型派遣や正社員との違い、就業へのハードル、メリット・デメリットなどを解説します。無期雇用派遣について把握し、自身の働き方の選択に役立ててください。

 

■無期雇用派遣とは?

無期雇用派遣とは、契約期間の定めがない派遣契約のことです。派遣には、派遣期間の終了とともに派遣元の会社との契約も終了する「常用型派遣」と、派遣元の会社に正社員として雇用されたうえで、派遣先で働く「常用型派遣」があります。無期雇用派遣は、平成30年4月に始まった新しい働き方で、常用型派遣の一種です。

| 無期雇用派遣で働くには?

無期雇用派遣で働くためには、「無期転換申込権」が必要です。さらに無期転換申込権を得るためには次の3つの条件を満たさなければなりません。

 

・同一の使用者での有期労働契約期間が通算5年を超えている

・有期労働契約の更新が1回以上ある

・通算5年以上の契約がある使用者と、現在も有期労働契約を結んでいる

 

無期転換申込権をもった人であれば、使用者に申し込みするだけで無期転換することができます。申し込みを受けた使用者は断ることができません。

 

■無期雇用派遣と登録型派遣の違いとは?

無期雇用派遣と登録型派遣の違いについて解説します。

 

無期雇用派遣も登録型派遣も雇用主は派遣会社です。無期雇用派遣は、給料が月給制で派遣会社によっては賞与も発生します。雇用期間に定めがなく、派遣されていない間(待機期間中)でも給与を得られます。

 

一方、登録型派遣は時給制で賞与がなく、派遣期間が限定されます。派遣期間終了とともに派遣会社との契約が終了するため待機期間中は給与を得られません。

 

■無期雇用派遣と正社員との違いとは?

無期雇用派遣と正社員の違いについても見てみましょう。無期雇用派遣は派遣会社と雇用契約を結んで派遣先で勤務しますが、正社員は勤務先に雇用されます。しかし、どちらも雇用期間に定めがなく、正当な理由なく解雇することはできません。また、給与は月給制で、会社によっては賞与が発生します。

 

無期雇用派遣と正社員の大きな違いは、雇用主が派遣会社か勤務先か、であるため「無期雇用派遣は正社員と同等」という見解もあります。

 

■無期雇用派遣のメリット

無期雇用派遣で働くにはどのようなメリットがあるのか解説していきます。

| 給与が月給制

無期雇用派遣の場合、月給制で働くことが可能です。そのため、時給制のように働いた時間数による給与の変動がなくなり、派遣されていない待機中の期間も給与を受け取れるようになります。派遣会社によっては、賞与の支給も見込めるでしょう。収入の変動がなくなるため、生活の安定が見込めます。

 

| 交通費の支給

派遣会社から月給とは別で交通費が支払われるのも無期雇用派遣のメリットです。派遣先の条件にもよりますが、登録型派遣の場合は交通費を上乗せした高めの時給になっているため、交通費の支給がありません。時給に交通費が含まれている場合、交通費も給与になるため税金が課されます。しかし、給与と別で交通費の双方が支払われれば課税対象が減り、手取りが増える可能性があります。

 

| 福利厚生が利用しやすい

派遣会社が、家賃手当や家族手当、健康診断補助、フィットネスクラブや保養所の利用、社員旅行などを福利厚生として定めている場合、無期雇用派遣なら正社員と同じ待遇で利用することが可能です。社会保険や有給休暇、産休など、法律で定められている福利厚生を利用する権利は、登録型派遣でも発生します。

 

| 研修やキャリアアドバイスを受けられる

無期雇用派遣の場合、派遣就労の有無にかかわらず給与を支払う必要があるため、派遣会社は待機期間を減らそうと努力します。その一環として、研修やキャリアアドバイスを無料で受けられたり、資格取得サポートがあるケースも見受けられます。これらのサポートを利用してスキルを身につけることで、就労先の選択肢が広がるというメリットがあります。

 

| キャリアップがしやすい

同一組織で長く仕事を続けられるため、キャリアが築け、キャリアアップが見込めます。また、待機期間が短いということは、その分スキルを磨くチャンスがあるということです。無期雇用派遣は派遣期間に定めがないため長く働け、求人職種が絞られていることも多いです。そのため、派遣であってもキャリアに一貫性をもたせることが可能です。

 

| 雇用に対する安心感がある

無期雇用派遣社員の場合、待機期間中も給与が発生します。待機期間を減らせるよう、派遣会社が積極的に派遣先を見つけてくれるようになります。また、派遣期間にかかわらず雇用は継続され、派遣会社は正当な理由なく解雇することができません。そのため、雇用に対する安心感が得られるようになるでしょう。

 

| 同一組織で3年以上働ける

無期雇用派遣なら、3年以上同じ組織で働くことが可能です。これまで派遣社員は、労働者派遣法によって「同一の職場で働けるのは3年まで」と定められていました。しかし、無期雇用派遣は派遣期間の制限がありません。3年でキャリアが途切れてしまったり、契約終了によって無給になったりする心配がなくなります。

 

| 首都圏の勤務先が多い

無期雇用派遣の勤務先は首都圏が多いです。地方への転勤の可能性もないため、首都圏での勤務を希望する人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

 

ただし、首都圏以外に無期雇用派遣がないわけではありません。首都圏以外でも無期雇用派遣を取り扱う派遣会社はありますので、希望するエリアがある人は探してみるとよいでしょう。

 

■無期雇用派遣のデメリット

無期雇用派遣には、メリットだけでなくデメリットもあります。主なデメリットについて解説します。

 

| 契約満了になる可能性がある

無期雇用派遣は、「契約期間に定めのない派遣」です。そのため、派遣会社の経営状態が悪化した、不景気のあおりを受けたなど、正当な理由があれば契約満了となる可能性もゼロではありません。登録型派遣やアルバイトに比べて契約満了になる可能性は低いですが、正社員ほど安定していないのが現実です。

 

| 選考による採用

登録型派遣は労働者派遣法で選考が禁止されているため、誰でも登録後、希望する仕事へのエントリーなど複数の手続きを踏むことで就業できます。しかし、無期雇用派遣は選考が可能なため、選考によって働く意欲やスキルを確認されることで採用が決まります。

 

| 昇給が見込めない

月給制である無期雇用派遣は、昇給がほぼ見込めません。同一組織で長く働けても、正社員のように業務の幅を広げたり、昇給したりということはないでしょう。また、登録型派遣なら契約ごとに条件を変えることも可能ですが、無期雇用派遣は、派遣先や業務内容が変わっても派遣会社と最初に結んだ条件で働くことになります。

 

| 自由な働き方ができない

待機期間中も給与が発生する無期雇用派遣は、ブランクなく働くことが求められます。基本的には週5日勤務で残業が発生した場合には対応しなければならないなど、働き方は正社員とほぼ変わりません。子育て中は仕事をセーブしたいなど、プライベートを重視した働き方を希望する人にとってはデメリットといえるでしょう。

 

| 派遣先に関して選択肢がない

無期雇用派遣は、派遣会社の指示にしたがって勤務しなければならず選択肢がありません。安定した月給をもらっているかわりに、短期間で派遣先を転々としなければならなかったり、職場を変えたいと思っても同じ派遣先で同じ仕事を続けなければならなかったりする可能性もあります。

 

| 地域によっては募集がない

無期雇用派遣の採用は、東京・名古屋・大阪などの主要都市がメインです。そのため、地方で無期雇用派遣として働きたいと思っても、募集がないため登録型派遣しか選択できない場合があります。ただし、派遣会社によって対象都市が異なり、今後はより広域となる可能性もあります。

 

■まとめ

無期雇用派遣にはメリット・デメリットの双方があります。転職の際に働き方のひとつとして検討している人は、将来をよく考えたうえで雇用形態を選びましょう。考えたうえで転職する場合は、プロの転職エージェントの利用が効率的です。

 

外資系企業やグローバル企業に強く、スペシャリストや管理職求人に特化した派遣サービス「Contract Professionals(コントラクト・プロフェッショナルズ)」を展開するエンワールドなら、働き方以外にも幅広い選択肢が見つかります。個人に合わせたアプローチで転職を成功に導くことが可能です。無料面談を実施していますので、まずはご登録ください。

エンワールドの無料面談に登録