ブログへ戻る

英語を使う仕事に就くには|仕事内容から必要な資格まで解説

Posted by en world Japan

2年弱前

世間のグローバル化が進むなか、「英語を使う仕事に就きたい」「転職したら海外で働いてみたい」と考える方はたくさんいます。

しかし、どの程度の英語力が必要なのか、そもそもどんな仕事があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、英語を活用する仕事の業務内容や仕事を探すポイント、現場で求められる英語力について解説します。

保有していると有利になる資格も紹介するので、キャリアアップを実現するための参考にしてください。

 

■英語を使う仕事を選ぶときのポイント

英語を活用できる仕事を探す際のポイントを解説します。自己分析や心構えをしておくだけで転職はよりスムーズになり、転職後も後悔せずに働けるようになります。

 

☑ 英語を使ってどんな仕事がしたいか明確にする

英語を使う仕事は多種多様で、それぞれに特徴ややりがいがあります。「英語が得意だから英語力を活かせる仕事に就きたい」といった漠然とした考えだけでは、面接も通りにくくなってしまいます。
まずはどんな職種があるのかを調べ、自分の英語力以外のスキルも棚卸ししてみましょう。

 

「飲食店の経験があるから接客には自信がある」「計算が好きなので経理事務に興味がある」など、自分の英語力以外のスキルや経験を見極め、どんな仕事に就きたいのか明確にすることが重要です。


 

☑ 長時間の勤務でも大丈夫か

日本国内にある企業で働く場合、海外企業とのやりとりは時差の関係で変則的な勤務時間になることが考えられます。海外は祝祭日もちがうため、休日の違いから世間や家族と休みを合わせられないこともあります。仕事を探すときは長時間の勤務や休みの取り方の違いなども考慮するようにしましょう。


 

☑ 国内企業で働くか、海外企業で働くか

英語を使うからといって海外で働いたり、日本と外国を忙しく飛び回ったりする仕事ばかりではありません。日本企業では英語が堪能な人材は貴重な人材と判断されて、よい条件で仕事を見つけられることがあります。

「英語を使う仕事=海外で働く」というわけではありません。さまざまな働き方があることを踏まえつつ転職活動をしましょう。


 

☑ 自分の英語力と仕事で求められる英語力を見極める

一口に英語を使う仕事といっても、職種によって求められる英語力はさまざまです。就きたい仕事を見つけたら、自分の英語力がその仕事で求められる水準に達しているかどうかを見極めましょう。

TOEICや英検などの資格をもっていると数値として自分の英語力をアピールできるほか、自分の実力を測るモノサシにもなります。


 

☑ 海外案件に強い転職エージェントを利用する

初めて転職する場合など、自分の力だけで求人情報を探したり応募したりすることに不安がある方は、転職エージェントを活用することも検討してみてください。英語を使う仕事に就くなら、海外企業とのパイプをもっているなど海外案件に強い転職エージェントを選びましょう。

 

エンワールドは豊富な海外案件をもつ転職エージェントです。一人ひとりに専任のコンサルタントが求人案内から入社後までサポートをします。

英語を使う仕事でキャリアアップを果たしたい方は、まずは無料面談にご応募ください。

 

エンワールドの無料面談はこちら

 

 

■未経験者が英語の仕事に転職するには

英語を使う仕事は、英語力に加えてコミュニケーション能力や実務能力が求められるため難易度が高く、未経験者を募集することはあまりありません。

未経験者が英語を使う仕事に就きたいと思ったら、まずは日常業務のなかで英語を使うところからスタートするとよいでしょう。

 

外国のお客様を迎えたり英語で電話対応をしたりなど、英語を使った業務をおこなうことで経験を積みます。

最初から英語を使う仕事を求めるのではなく、普段の仕事で英語を使うところからステップアップしていくのです。

 

■英語を使う仕事の一覧

ここでは英語を使う仕事にはどんなものがあるかを紹介するとともに、業務内容や平均年収などを解説します。

 

| 初級(日常会話レベル)/TOEIC400~600点・英検2級程度

 

☑ 飲食店や観光地の接客スタッフ

訪日外国人観光客の増加にともない、飲食店や観光地のお店、テーマパークなどでも英語での接客が必要な場面が増えています。

平均年収は300万円前後で、レストランやカフェでの給仕、テーマパークや観光地での案内役など、人と接することの多い仕事です。

 

☑ 貿易会社の通関士

海外の取引先と輸出入をおこなう貿易会社や運送会社に勤めて、通関に必要な書類を作成する仕事です。書類の作成には英語が必要ですが、定型化された文章が多く、中学校卒業程度の英語力があれば勤まるとされています。

平均年収は400万円前後です。

 

☑ 添乗員/ツアーコンダクター

旅行者に付き添って国内外の観光地を案内する仕事ですが、高度な語学力は必要ありません。しかし、訪日外国人観光客を国内観光地に案内したり、日本人観光客を海外の観光地を案内したりするため、最低でも日常会話レベルの語学力は必要です。訪れた土地の歴史や地理の説明や、宿泊や買い物のサポートを行います。

平均年収は400万~600円程度となります。

 

| 中級(ビジネス会話レベル)/TOEIC600~800点・英検2級~準1級

 

☑ ホテルの従業員

訪日外国人観光客に応対することもあるため、ホテルの従業員にも一定の英語力が求められます。あわせて、宿泊客とのコミュニケーション能力も必要です。世界中に展開している外資系のホテルなどでは、応募要件としてTOIEC600点以上など点数を求める場合もあります。

平均年収は300万~400万円程度です。

 

☑ 貿易事務

貿易事務とは、輸出入の取引をおこなう商社やメーカーなどに勤務して、事務処理をおこなう仕事です。英語でのメール対応や文書作成をおこなううえ、業界の専門知識が必要になるため高い語学力が求められます。

平均年収は300万~400万円程度になります。

 

☑ 外資系企業の秘書

秘書の仕事は上司のスケジュール調整や出張のサポート、来客の対応や書類作成など多岐に渡ります。外資系企業の秘書になると、外国人の上司や本国、取引先企業などとやりとりするため一定の語学力が必要になります。国際秘書検定の資格があれば、転職にもより有利に働くでしょう。

平均年収は未経験で300万円程度、外資系企業に勤めれば700万円程度になります。

 

| 中級(専門会話レベル)/TOEIC800~900点・英検準1級

 

☑ 通訳ガイド/通訳案内士

会議の会話を翻訳する「通訳」とは別の職業となり、通訳ガイド/通訳案内士の仕事はビジネスや観光目的で来た訪日外国人をサポートすることが目的です。国家資格である通訳案内士の資格取得が必要で、フリーランスから正社員まで働き方はさまざまです。

そのため平均年収は100万円から400万円程度と幅があります。

 

☑ 国際公認会計士

会計士とは、企業の決算・会計処理や税務処理を監督するほか、経営の改善に関わるコンサルティングなどをおこなう仕事です。近年ではグローバル化にともない、海外と取り引きのある企業や外資系企業で活躍できる、国際公認会計士の需要が増えています。決算や業績に関わる問題に対応できる高い語学力が必要です。

平均年収は500万~800万円程度です。

 

☑ 特許事務員

企業の知財部門や特許事務所などに勤務し、特許庁へ提出する出願書類の作成やクライアント企業とやりとりをする仕事です。一般的な英語だけでなく専門分野の英語を理解する必要があるほか、他国の特許システムに関する知識も求められます。

平均年収は300万円程度です。

 

| 上級(ネイティブ会話レベル)/TOEIC900点以上・英検1級

 

☑ 翻訳家

翻訳には、小説などを翻訳する文芸翻訳、ビジネス文書や契約書などを翻訳する実務翻訳、映画に日本語字幕をつける映像翻訳の3種類があります。専門用語やスラングを含んだ高い英語力が求められる仕事です。言葉を訳すだけでなく、その国の文化や歴史などを調べる力も必要です。

平均年収は200万~400万円程度です。

 

☑ 通訳

通訳には、国際会議の場で通訳を行う「会議通訳」、取引などビジネスの場で通訳を行う「ビジネス通訳」、海外のスポーツ選手や芸能人の通訳を行う「スポーツ・芸能通訳」などがあります。通訳ガイドはひとりで多数をサポートしますが、通訳の場合は1対1から1対多数までさまざまです。

平均年収は400万~600万円程度になります。

 

■英語を使う仕事へ転職する際に有利な資格

ここでは英語を使う仕事に転職するに際して有利に働く資格を紹介します。

 

| 英検(実用英語技能検定)

英検の試験では筆記やリスニングのほか、面接では英語によるコミュニケーション能力が測られます。
日本国内では抜群の知名度を誇るだけに参考書や問題集なども多く、英語を学びたい方が自分の英語力を測る指標としても適しています。

職種にもよりますが、英語を使う仕事に就くためには2級以上を取得するとよいでしょう。

 

| 国連英検(国際連合公用語英語検定試験)

国連英検は外務省が後援する日本の資格です。試験では、その時々の時事問題に関する知識も問われます。
英字新聞の読解や電話対応などの問題もあるので、英語を使う仕事を目指す人にはうってつけの試験といえます。

B級合格で日常会話は充分にこなせるレベルとみなされますし、A級なら時事問題を交えてネイティブと討論ができるほどのレベルとなります。

 

| TOEIC

TOEICの試験では日常生活やビジネスシーンでの英語力を測定し、英語によるコミュニケーション能力を判定します。TOEICのスコアは600点を超えるあたりから履歴書に書けるという認識が一般的です。英語を使う仕事に就くためには800点以上は持っていた方がよいでしょう。

 

| TOEFL

TOEFLは「英語を母語としない人」のための試験です。試験は大学などで用いられる学術的な内容であり、読む能力と聞く能力に加え、話す能力と書く能力を総合的に問われます。日常コミュニケーションでは出てこないような学術用語なども試験問題として出題され、英語圏の大学や大学院への留学を目指す方に適した試験だといえます。

 

転職で有利になるためには、日本で実施されているTOEFLである、TOEFL iBTでスコア100以上を目指すとよいでしょう。また、外資系企業で活躍したい人は日本国内の試験である英検だけではなく、TOEICなど国際的な試験を受けておくと面接などでもアピールしやすくなります。

 

■英語を使う仕事の将来性

グローバル化の進展にともない、外資系企業はもちろん、国内企業に勤めていても海外とのやりとりが増えています。派遣や契約社員といった雇用形態での求人も増えているため、家事や育児の合間をぬって仕事をしたり、在宅で仕事を受けたりすることもできます。

今後は旅行会社や貿易会社などに限らず、あらゆる業界の現場で英語力が必要とされるでしょう。

 

■まとめ

英語を使った仕事に就くためには、自分の市場価値を知ることが重要です。いまは英語力に自信がないという方は、各種検定試験にチャレンジしてみたり、英語力以外のスキルの棚卸しからはじめてみましょう。また、転職を成功させるためには、専門家による適切なサポートを受けることも大切です。

 

エンワールドは外資系企業やグローバル企業などの求人を多数保有しており、正規雇用はもちろん、派遣や契約型の案件も多くあります。専任のコンサルタントが一人ひとりのライフステージに合わせた転職活動をサポートします。ご検討の際には、まずは無料面談にご応募ください。。

 

エンワールドの無料面談はこちら