ブログへ戻る

外資系企業への転職で求められることは?日系企業との違いや面接対策も解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

1年以上 前

外資系企業と聞いて多くの人がイメージするのは、年収の高さや実力主義などです。実際は日系企業とどのような点が異なるのでしょうか。

 

この記事では、外資系企業への転職を検討している人に向け、外資系企業と日系企業とで異なる考え方や習慣、さらに外資系企業で働くメリットやデメリットまで詳細に紹介します。面接対策も解説しているので、外資系企業への転職や外資系企業勤務に興味のある人はぜひ参考にしてください。

 

■外資系企業と日系企業の異なる考え方・習慣

ここでは、外資系企業と日系企業の間での異なる考え方や習慣について解説します。外資系企業の考え方を理解しておきましょう。

 

| 個人個人の仕事の線引きが明確

外資系企業では、個人の仕事における役割が明確に分かれている傾向にあります。日系企業は協調性を重んじる傾向が強く、チーム内のほかのメンバーが残業していれば自分も残ることがありますが、外資系企業では自分の職務を全うすることに重きをおきます。

 

そのため、ほかの人の仕事を手伝うなど、自身の職務領域を超えて仕事をすることは基本的にありません。

 

| 日系企業よりも上司への気遣いが重要視される

外資系企業では、昇進やリストラに関わる人事決定権を直属の上司が持っているケースが多いです。日系企業では人材を人事部で管理していますが、外資系企業では人材の管理は各部門で行うからです。

 

そのため、外資系企業では、昇進するためには好き嫌いに関係なく上司とよい関係を築いておいたほうがよいでしょう。

 

■外資系企業に転職するメリット・デメリット

ここでは、外資系企業に転職するメリットやデメリットについて解説します。転職活動を始める前に確認しておきましょう。

 

| メリット

外資系に転職するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

 

☑ 日系企業より年収が高い傾向にある

外資系企業は、日系企業より年収が高い傾向にあります。これは、高い給与によって優秀な人材を集めようという考えによります。さらに、外資系企業の多くは成果主義で年収を決めるため、成果次第ではインセンティブも獲得できます。

 

☑ 成果に応じて評価される

外資系企業では、成果次第では若くして昇進することもあります。自分の成果に見合った給与や役職に就きたいという人にとっては最適な環境といえます。

 

☑ プライベートを大切にできる

外資系企業では、忙しい場合でも休暇はきちんと確保できる場合が多いです。基本的に残業はせず、効率的に仕事をしてプライベートの時間を大切にする傾向が強いです。

 

☑ 勤務形態がフレックスなことが多い

外資系企業では、勤務時間をフレックスタイム制にしているケースが多いです。基本的には社員の柔軟な働き方を大切にするスタイルをとっています。

 

☑ キャリアアップにつながる

外資系企業で勤務すると、さまざまな国籍の同僚とコミュニケーションをとるため、異文化に対する理解が深まります。また、日系企業とは異なり「成果主義」の外資系企業で実力や実績を評価されたことは自信にもなり、その後のキャリアアップに挑戦しやすくなるでしょう。

 

| デメリット

外資系に転職するデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

 

☑ 成果が出なければ収入が減る

外資系企業は成果主義の企業が多く、成果を出せなければ、減給される可能性もあります。また、営業職などのインセンティブ比率が高い職種ではベース給料(基本給)のみの支給となりますので、成果を出し続けるプレッシャーと対峙することになります。

 

☑ 日系企業に比べ福利厚生が充実していない

日系企業のように終身雇用を前提としていない外資系企業では、福利厚生が充実しておらず、住宅手当や家族手当などもないことが多いです。

 

☑ 日本と異なる文化に馴染めない場合もある

外資系企業は日系企業よりも個人の仕事の線引きがはっきりしていて、成果を重視するなど、日本の企業とは考え方が根本的に異なります。場合によっては異なる文化の中で働くことに馴染めないこともあります。

 

☑ 本国の決定に左右される

外資系企業の日本支社で働く場合、本国の都合によって振り回されることがあります。業績が悪い部署などは撤退するために解雇されることもあります。さらに、人材を採用する場合など、意思決定には本国の許可が必要なケースが多く、その調整を本国の時間に合わせて行うこともあります。

 

■外資系企業に向いている人・向いていない人の傾向

ここでは、外資系企業に向いている人・向いていない人の特徴を解説します。

 

| 向いている人

外資系企業に向いている人は、以下のような人です。

 

☑ 論理的に考え行動にうつす

外資系企業は社員に対してスピード感や行動力を求めます。業務を効率よく進めるためには、論理的に物事を考える力と、短期間で結果を出す行動力が必要となります。

 

☑ 自分の意見をはっきり相手に伝えられる

外資系企業では、自分の意見をしっかりと相手に伝えられる人材が好まれます。会議の場であれば、積極的に自分の考えを述べ、ディスカッションし合うことが求められます。

 

☑ 自身の実績をアピールできる

成果主義の外資系企業では、自分がどのような成果を上げたかも自らアピールしなければ出世や昇給に関わります。仕事に対して積極的であることを示すためにも、自分の実績は自らアピールをしましょう。

 

☑ 上司に気遣いができる

外資系企業での気遣いとは、上司に対してごまをすることではなく、上司が仕事をしやすい環境を把握して先回りできることを意味します。このような気遣いができる人材が高評価を受けやすいです。

 

| 向いていない人

外資系企業に向いていない人は、以下のような人です。

 

☑ 安定を重視する

外資系企業では、成果を上げない社員の安定は保証されていません。さらに、環境が変わることが多く、安定を重視する人には向いていません。

 

☑ 受け身でいることが多い

外資系企業では、業務に積極的で、自分の考えや実績をアピールができる人材が求められます。受け身の姿勢のままでは、企業にとって不要な人材だと判断されてしまいます。

 

☑ 自ら動くよりも指示を受けて働きたい

外資系企業では、業務に関して不明点や疑問があれば自分から質問し、常に自立的に行動することが必要です。上司から具体的に指示をもらって働きたいという人は、外資系企業に向いていないと言えます。

 

■外資系企業への転職で求められる英語力

外資系企業へ転職する際に必要となる英語力は、企業や所属部署、業務内容によっても異なります。

 

たとえば、メールや電話など日常的に英語でやり取りを行う場合は、目安としてTOEIC700点以上を持っていれば対応可能でしょう。また、英語を使った会議への参加、報告書の提出、外部企業との打合せが必要な場合、最低でもTOEIC800点以上が必要となります。

 

研究職や技術職の場合であっても、ある程度の英語力が求められます。一般的にTOEIC700点以上が目安となりますが、専門知識やスキルを重視する企業では、高い英語力がなくてもよいケースもあります。そのような場合でも、最低限専門用語は英語で理解できるようにしておきましょう。

 

■外資系企業の転職に年齢は関係ない?

外資系企業は、基本的に職種別採用で即戦力となる人材を求めるため、日系企業に比べて年齢を重視しない傾向にあります。しかし、年齢が全く関係ないわけではありません。外資系企業で最も需要があるのは20代後半~40歳前後で、各年代によって求められることが異なります。

 

20代後半で職務経験が3年以上ある場合、最も選択肢は多いといえます。同職種であることは必須ですが、アシスタントメンバーやメンバークラスをはじめ、さまざまなポジションの求人あります。

 

30代ではマネージャーやディレクターなどの求人が多く、競争率も高くなります。5年以上の実務経験があることが重要であり、マネジメント経験が求められることも多いです。マーケティング・企画管理系の職種であれば比較的求人数があります。

 

40代ではCEO・CFOなど、エグゼクティブクラスの求人が多くなります。公に募集されることは少なく、ヘッドハンティングなどが一般的です。マネジメント経験は必須とされることが多く、これまでの人脈も重視されます。

 

■外資系企業の面接を成功させるコツ

ここでは、外資系企業での面接を成功させるコツについて解説します。

 

☑ 英語面接の対策をしておく

業務で日常的に英語を使用する企業や、採用決定権が本国にある企業では、英語面接があるケースが多いです。企業によっては直接面接を実施しますが、難しい場合には電話やスカイプを利用する場合もあります。英語面接の対策が不安な人は、転職エージェントを利用して練習しておくとよいでしょう。

 

☑ よく聞かれる質問をおさえる

ここでは、外資系企業の面接でよく聞かれる質問の例を紹介します。

 

・あなたについて教えてください。

・なぜこのキャリアを選びましたか?

・志望動機を教えてください。

・弊社の製品やサービスのどこに興味を持ちましたか?

・これまで取り組んだことで最も難しかったことは何ですか?

・なぜ転職を考えているのですか?

・現在の職場と弊社ではどのような違いがあり、それに対してどのように対処しようと考えていますか?

・チームワークとは何か、あなたの考えを簡潔に教えてください。

・現職ではどのような点が弱みだと判断されましたか?

・これまでにあなたが積極的に取り組んだ職務は何ですか?

・長所と短所を教えてください。

・転勤は可能ですか?

・5年後にどのような仕事に取り組んでいたいですか?

・どのような環境ならあなたのスキルが発揮できると思いますか?

・KPIは何でしたか?また、それをどのように達成しましたか?

・どのようにプロジェクトを推進して、その結果どのような結果を導きましたか?

 

☑ 逆質問の内容を考えておく

逆質問の例は以下のとおりです。英語での例文も記載するので、参考にしてください。

 

・What skills and experiences are you looking for in this role?

(今回の募集職種には、どのようなスキルや経験を求めていますか?)

 

・What plans does your company have for future development?

(御社の将来のビジネスプランを教えてください。)

 

・What motivate you to join this company?

(なぜあなた(面接官)は御社を志望したのか、理由を聞かせてください。)

 

■まとめ

この記事では、外資系企業と日系企業の考え方や習慣の違い、外資系で働くメリット・デメリットなどについて解説しました。外資系企業では、その企業や部署、職種によっても求められる英語力が異なります。外資系企業への転職を考えている人は、事前に英語面接の対策をすることも大切です。

 

外資系企業への転職には、転職エージェントを利用すると、面接対策も行えてスムーズに転職活動が進められるでしょう。

 

エンワールドは、日系企業だけではなくさまざまな外資系企業、グローバル企業と人材をつなぐ転職エージェントです。専任のコンサルタントが一人ひとりのスキルや希望に合った、最適な転職先を紹介する他、採用後のフォローアップまで丁寧に行います。無料面談も実施しているので、ぜひご登録ください。

 

エンワールドはこちら